もらえたらうれしいブランド和牛

豪華景品として押さえておきたいものの一つとしてブランド牛も挙げられます。こうした高級食材は自分で自分のために購入するとなると、タイミングが非常に迷うものの一つかもしれません。しかし、ほとんどの方が高級食材をおいしく食べてみたいという思いがあるはずです。自分で買う勇気はなかなかわかないけど、景品としてもらえるならぜひ欲しい、自分はもちろん家族にも食べさせてあげたいと、俄然参加者のテンションも上がることでしょう。

ブランド牛としては、1万円程度で黒毛和牛の特盛なども購入することもできます。また同じくらいの値段で、松坂牛や神戸牛など、だれもが知る高級和牛のお肉もそろえることができるでしょう。どのお肉にしようか迷う場合は、ブランド牛を少しずつ試すことができる食べ比べセットもあります。ゲストの中にはお肉があまり得意ではないという方もいるかもしれませんが、高級なお肉ならおいしく食べることができるかもしれませんので、おいしく食べる方法を紹介したり、だれに食べさせてあげたいかを質問したりするなどして、司会者はどんなゲストが獲得しても会場を盛り上げることができるはずです。ブランド牛の景品は参加者の心と胃袋をつかむことでしょう。

やっぱり人気のテーマパークチケット

豪華景品にするにはどのようなものが人気があるのでしょうか。ポイントとしては、欲しいものの少し高額で簡単には買えないもの、それでいてもらっても荷物になったり、その後の保管に困ったりしないものが良いでしょう。中でも人気なのが、テーマパークチケットです。有名なテーマパークは、たくさんの人が行きたいと思うものですが、入場料が安いとはいえず、そう頻繁に行くことはできないことがほとんどです。そのようなテーマパークのチケットをペアで用意して目玉景品にすれば会場は大いに盛り上がることでしょう。

例え、テーマパークそのものに興味はないとしても、ペアチケットであれば既婚者でも夫婦でデートするために使えますし、独身であれば友達や恋人と使うこともできます。誰と行くのか、どんなことをしたいのかなど、テーマパークに関する質問を当選者にいくつかするだけでも、会場が沸くに違いありません。また、チケットであれば帰りの荷物にも全くなりませんし、あとあと好きな日付を指定できるようにしておけば、チケットをゲットした人の都合に合わせることもできます。何かと融通の利くテーマパークのチケットは景品の目玉として十分に働いてくれることでしょう。

二次会景品のお勧めは?

新宴会や忘年会、歓送迎会など、社会人になるとイベントの数もたくさんあります。中でも大きなイベントとなるのが結婚式です。特に結婚式の二次会ではさまざまなゲームが企画され景品も用意されるため出席者にとってもお得なイベントとなるでしょう。自分がお客さんの一人として出席するなら気が楽ですが、二次会の幹事を任されると、いろいろと気を遣うものです。失敗しない二次会を作るために大切なのは、みんなが喜ぶ景品を予算内にどれくらい充実させることができるかということでしょう。では二次会の景品はどのような基準で選んだらよいのでしょうか。

二次会の景品の選び方として、まずは景品にメリハリをつけることが大切です。予算を景品の数だけ均等に割り振るのではなく、景品の中でも参加賞的なものと、豪華なものとをしっかりと色分けするのです。そうすることによって、目玉景品が当たったときには会場はさらに盛り上がりますし、ゲームに参加する方のテンションも上がることでしょう。

目玉景品の選び方としては、思い切って一点豪華型にしてしまうのも一つの手です。そうすればゲームをする前に景品を紹介するだけでひと盛り上がりするでしょう。盛り上がった会場であれば司会者のトークもさらにやりやすくなりますし、豪華景品以外の景品の内容が参加賞程度であったとしても特に不満は出ないでしょう。

同時に多くのゲストの方が何らかの景品を手にすることができるようにすることも大切です。ですから、豪華景品以外の景品は参加者全員がもらえるくらいの数が用意できるものが良いでしょう。では具体的にどのような景品が喜ばれるのでしょうか。具体的な景品をご紹介します。